平戸のお土産にお勧め、『牛蒡餅(ごぼうもち)』

こんにちは。

木曜日担当の南村 ちえです。

今日の紹介は、平戸のお土産にお勧め、『牛蒡餅(ごぼうもち)』です。

金曜日のぢんこさん方に、平戸に連れて行っていただいたのが楽しかったので、また平戸へ行ってきました~。

今回は新型コロナの感染拡大で退屈している母や祖母を連れて、ドライブがてらです♪♪

連れて行っていただく時は、おしゃべりしながら、あっと言う間に着いた気がしたのですが、実際自分で行ってみると、「あ、こんな所も通った、こんなのあったかしら…」なんて思いながら、それはそれで楽しかったです。

平戸のお土産と言うと、「カスドース」を思い浮かべる方も多いでしょうが、南村のところは、母が昔から好きな『牛蒡餅(ごぼうもち)』です。

『牛蒡餅』は「平戸藩主松浦鎮信公を始祖とする茶道「鎮信流」の茶菓子として、又一般町家の人々が慶事、法事の際の「お配り菓子」として親しまれ、その形・味は現代まで受け継がれております。」(熊屋さんの菓子箱より)との事で、昔から皆さまに親しまれてきたお菓子です(実は昔、この「鎮信流」のお茶の授業を受けていましたが、この時のお菓子の記憶が…)。

ちなみに昔は黒砂糖が使われることが多く、見た目が牛蒡に似ていた事から『牛蒡餅』と呼ばれるようになったそうです(中にゴボウは入っていません(笑))。

この『牛蒡餅』、昔ながらの名のあるお店が3店あります(南村が知っているだけでですが)。

「ど・れ・に・し・よ・う・か・な、、、ここは全部買って味比べだ~♪♪」

と言うことで、蔦屋さん、熊屋さん、丸屋さんの3店舗分の『牛蒡餅』がここに揃いました。

蔦屋さんのは他のより甘く、硬めというか、モチっと感も少しありながら、しっかりしているように思います。

熊屋さんのはモチモチのしっとりで、甘さは控えめのように感じました。。

丸屋さんのは柔らかめで、バランスが良いと言うか、他の2店の中間くらいの甘さに感じます。

南村の馬鹿舌ですので、あてには出来ませんが、人それぞれ好みがあるので難しいですねぇ。

上司さま1は、「どれも美味かったから、またよろしく!」で、上司さま2は「しっとりしてて、熊屋さんのが好きだった」、後輩さんは「どれも美味しかったですが、蔦屋さんのが良かったです」との事。

他にも「やっぱり丸屋さん、美味いですね!」と一押しの方もいて、ムムムムム…甲乙付け難い。

ちなみに蔦屋さんのは、抹茶味が入っていて、これはお茶の風味が良かったですよ(最近ちょっと色々な物の抹茶味が気になります)。

ちなみに南村は食べ比べの為に『牛蒡餅』の食べ過ぎで(?)、だんだん分からくなってきたので、結局はお好みで!となりそうです。

「平戸瀬戸市場」では3店舗分の『牛蒡餅』が揃っているので、ここは皆さま、3店舗分買って、味比べなどを楽しんでいただけたらなと思います。

今日の紹介は、平戸のお土産にお勧め、『牛蒡餅(ごぼうもち)』でした。

関連記事

最近の記事

  1. 【5/28開催】ヒント|あじさいプレゼント企画

  2. 水曜日を担当させていただくことになったゆーみんです!

  3. 五島ワイナリー「~マスカット・ベリーA リザーヴ~」

イベント

  1. 長崎三彩焼きってご存知ですか?

  2. ¨長崎ってなんかいい!¨ をキーワードに!

  3. ブラックパンプキンからハロウィンを守れ❗

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
TOP